教授のご紹介

玉置教授 一問一答

歯科医師になられたきっかけは何だったのでしょうか?

当時は特になかったのですが、歯科的に困っている患者さんを治してあげたいなーと思っていました。

この仕事をやって良かったと思える瞬間はどのような時でしょうか?

患者さんの治療の中で、喜んで笑顔を見せて、ありがとうございますと言ってくれた時です。
また、その患者さんが家族を紹介してくださった時です。

何があっても変えたくない『ポリシー』はありますか?

患者さんの口腔内の感覚をできるだけ変えずに、歯科治療を行うこと。違和感や痛みの少ない歯科治療です。

学生に指導(講義)をする際にどのような工夫や意識をしていますか?

周囲の人に気配りができるようになってほしいので、そのために必要なことを、講義の中に交えて話しています。

休日はどのように過ごしていますか?

田舎の自宅で、妻と2匹のトイプードル(親子)と一緒にピクニックをすることです。

患者様と接する上で心掛けていることは何ですか?

まず、患者さんをリラックスさせることです。

略歴

1982年3月
神奈川歯科大学歯学部卒業
1982年4月
歯科補綴学教室第3講座助手
1989年4月
神奈川歯科大学 歯科補綴学教室第3講座講師
1992年12月
歯学博士取得
1995年4月
オーストリア,ウィーン大学補綴学講座(Prof.Slavicek)に1年間留学
2001年4月
神奈川歯科大学附属病院咬み合わせ外来主任
2001年6月
日本顎関節学会指導医
2005年4月
日本補綴歯科学会医療問題検討委員会特命委員
2006年9月
神奈川歯科大学附属病院臨床教授
2008年4月~
神奈川歯科大学 顎口腔機能修復科学講座歯科補綴学分野診療科 教授
附属病院咬み合わせリエゾン診療科 教授
2011年4月1日~
神奈川歯科大学 顎口腔機能修復科学講座有床義歯補綴学分野 准教授
2012年4月1日~
神奈川歯科大学 顎口腔機能修復科学講座有床義歯補綴学分野 教授
大学院指導教員(顎口腔欠損補綴学)
2012年5月1日~
大学院指導教授(顎口腔欠損補綴学)
2013年4月1日~
神奈川歯科大学大学院 歯学研究科顎口腔機能回復補綴医学講座 教授
2018年10月1日~
日本補綴歯科学会
2018年10月1日~
日本歯科心身医学会
2018年10月1日~
日本顎関節学会
2018年12月3日~
日本補綴学会(研究企画推進委員会副委員長)
2018年12月3日~
日本顎関節学会(代議員)
2018年12月3日~
日本歯科心身学会(理事)

認定医

平成3年12月24日
歯学博士(乙 第209号)
平成 5年 2月15日
日本補綴歯科学会認定医 (第693号)
平成10年12月7日
日本補綴歯科学会指導医(第757号)
平成12年6月28日
日本顎関節学会認定医(第326号)
平成12年6月28日
日本顎関節学会指導医(第291号)
平成20年12月1日~25年12月31日
日本顎関節学会専門医(第47号)
平成20年12月1日~25年12月31日
日本顎関節学会指導医(第45号)
平成20年12月1日~25年12月31日
顎関節症専門医研修施設(第32号)
平成23年10月8日~30年10月8日
日本口腔顔面痛学会暫定指導医(第16号)
平成23年10月8日~30年10月8日
日本口腔顔面痛学会暫定専門医(第16号)
平成23年10月8日~30年10月8日
日本口腔顔面痛学会暫定認定医(第16号)
平成25年~
日本歯科心身医学会認定医
ページトップへ